close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はメールマガジン・SNSで配信中

連載:第7回 小売・サービス

世界の小売業ランキング2020発表

BizHint 編集部 2020年4月16日(木)掲載
メインビジュアル

デロイト トーマツ グループ(東京都千代田区、CEO 永田高士)は、今年で調査開始から23回目を迎えるGlobal Powers of Retailingの最新版を日本語訳したレポート「世界の小売業ランキング2020」を発表しました。

メインビジュアル

全世界の小売企業から2018年度(2019年6月30日までを期末とする事業年度)の売上高上位250社をランキングにまとめ、地域別、セクター別に分析しているほか、世界経済の展望に加え、急成長小売企業50社と上位250社へ新たに加わった企業について解説しています。

調査結果

上位250社の総小売売上高合計は4兆7,400億米ドル(前年度は4兆5,300億米ドル)、平均小売売上高は190億米ドル(前年度は176億米ドル)、2013~2018年度における小売売上高の年平均成長率は5.0%となりました。

今年度、トップ5の顔ぶれは昨年と変動しなかったものの、Amazon.comが2018年度の小売企業上位10社の中で最も高い18.2%の小売売上高成長率を記録し初のトップ3入りとなりました。なおWalmartが22年以上連続で1位に、Costco Wholesaleが6年連続で2位にそれぞれランクインしています。

今回、日本企業でトップ250入りした企業数は昨年より2社減の29社となり、最上位は13位にランクインしたイオン株式会社となっています。

プレスリリースhttps://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000279.000000202.html

この記事についてコメント({{ getTotalCommentCount() }})

close

{{selectedUser.name}}

{{selectedUser.company_name}} {{selectedUser.position_name}}

{{selectedUser.comment}}

{{selectedUser.introduction}}

仮登録メール確認