はじめての方はご登録ください(無料)会員登録
search

戦略・経営

2018年1月11日(木)更新

タレントマネジメント4つのフェーズ 各段階における留意点とは

Logo markBizHint 編集部

タレントマネジメントの正しい運用によって、企業活動の強力な推進力となる人材活用が実現できます。人事業務の柱として進めていくためには、設計・活用・開発・運用の知識が必要です。タレントマネジメントの各段階の概要と要点について確認していきます。

コメントを読む
メインビジュアル

タレントマネジメントの設計

1-1. 設計フェーズの重要性

設計の第一段階では、企業に合ったタレントマネジメント運用が行なわれるための、方向性を定めます。経営戦略を支柱とした、タレントマネジメントの目的を経営層・管理層において共有します。長期ビジョンと短期的プロジェクト、各企業の文化や体質によってシステムの選定を行ないます。具体的な方策が決定されるための、もっとも重要な段階となります。

1-2.目標と施策のすり合わせ

設計に際し、企業全体の最終目標に合わせた人事についての施策を、タレントマネジメントの視点から策定していきます。時代や社会の変化に合わせた対応ができると同時に、長期的なビジョンへのぶれが発生しないよう、適宜修正可能な柔軟性がなければなりません。評価対象・判断対象となり、経営戦略に必要となる“タレント”の定義については、経過に合わせて更新しながらも、整合性を持たせることが重要です。

タレントマネジメントの活用

2-1.現場での活用

設計フェーズで確立されたタレントの定義に即し、マネジメントに活用していきます。各プロジェクト・事業の必要性に沿って、各人の能力を適材適所に当てはめてゆく判断がなされます。管理者側は、従業員全員が最大のパフォーマンスを発揮する場を、的確に提供できるのが理想とされます。

2-2.管理者による能力把握と育成

タレントマネジメントの効果的な運用は、管理者の能力に委ねられています。スピード感をもって企業の目的到達を果たすためには、管理者によるリアルタイムでの能力把握が必須です。個人の成長段階によって、適正な育成への施策が求められます。

タレントマネジメントの開発

3-1.個人の中の未知のタレント発掘

表面化していない個々人の能力を、チャンスの提供・研修・適切なアドバイス・指導で開発していきます。従業員の中に伸びしろを発見しスポットを当てることで、個人の隠れた資質が開発され、人事活用の幅に広がりが与えられます。

3-2.潜在する人材へのフォーカス

タレントマネジメントにおいては、部署・分野を超えた隠れた能力をもつ人材を社内から広く発見・登用するという意識が大切です。固定観念にとらわれない視点を持ち、機械的な配置から“人”という資源を見極める体制が重要なポイントとなります。

タレントマネジメントの運用

4-1.タレントマネジメントの実施

タレントマネジメントの運用とは設計を元にし、タレントマネジメントの仕組みを実際の現場に適用する全体の動きを指します。スキル情報の収集と把握、分析を行ない短期・中期プロジェクトおよび長期目標の達成のために、的確な人材配置や育成を行なう流れを決定します。常に変化する状況の中でも、企業全体の枠の中でタレントマネジメントが浸透し十分に機能が果たせるよう管理していきます。

4-2. 個人のキャリア情報・目標の管理

タレントマネジメントの根本的な要素は、常に新鮮なキャリア情報の収集です。単なる企業のための情報ツール導入としないためには、個人的な目標設定情報の管理を併せて行う必要があります。タレントマネジメントの正しい運用とは、企業にとって適切な方向性に沿いながら、従業員の成長をサポートすることにあります。

まとめ

  • タレントマネジメントの正しい運用は限りある人材資源を有効に活用する
  • 設計やその後に続く各段階への体制づくりが効果の可否に影響する
  • 4つの局面をそれぞれに理解することで、タレントマネジメントの導入効果を確実にしていく

タレントマネジメントの各フェーズの確認により、具体的な進め方が理解できます。全体の流れをつかむと同時に、各局面における留意点があぶり出されてくるでしょう。担当者として、何をしておけば良いのかタレントマネジメントの本格導入に向けて、自分なりの準備ができるのではないでしょうか。

この記事の関連キーワード

をクリックすると、キーワードをフォローすることができます。

キーワードフォローの使い方

注目の人物

最近記事コメントに支持を集めている人物

目次