close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はメールマガジン・SNSで配信中

2度目の緊急事態宣言。社員のために経営者は何をすべきか?

BizHint 編集部 2021年1月13日(水)掲載
メインビジュアル

2021年1月8日、一都三県に「緊急事態宣言」が発令されました。一都三県以外の道府県への規模拡大も検討されています。この油断の許されない状況下、世の中には不安が溢れています。それは、あなたの会社の社員たちも同じです。企業のトップである経営者は、再度訪れたこの事態にどう立ち向かうべきなのでしょうか?今こそ求められるリーダーシップとは?BizHintが過去に配信してきた記事から、ヒントを探ります。

メインビジュアル

再びの緊急事態宣言、社員のエンゲージメント低下に?

「wevox(ウィボックス)」を提供する株式会社アトラエは、「エンゲージメントスコアの全業界に関するレポート」を発表しました。

エンゲージメントスコアの年間推移を見てみると、 2020年4月が69.4点と最も低く、 その後は上昇し、7月以降は約70.6点以上で安定しています。

2020年4月は緊急事態宣言が発令された月です。多くの企業がテレワークへの移行が余儀なくされ、職場環境に大きな変化が見られたことも要因のひとつと考えられます。

今回、再度緊急事態宣言が発令され、同じように 組織のエンゲージメントに影響が出る可能性も十分に考えられます。

【参考】企業のエンゲージメントスコア、緊急事態宣言時に最も低下。7月以降は高水準に

また、このような緊急時こそ、社員は企業の対応をよく見ているもの。どのような対策を行うかによって、社員の会社への信頼度が大きく変わることでしょう。

この記事についてコメント({{ getTotalCommentCount() }})

close

{{selectedUser.name}}

{{selectedUser.company_name}} {{selectedUser.position_name}}

{{selectedUser.comment}}

{{selectedUser.introduction}}

仮登録メール確認