はじめての方はご登録ください(無料)会員登録
search

戦略人事・経営

2017年11月30日(木)更新

【サッカー×経営論】「強いチーム・組織には”型”がある」【早稲田大入山章栄准教授×SAP佐宗龍氏】

BizHint HR 編集部

HR領域でのデータアナリティクスが注目を集めています。しかし組織としての「アイデンティティ」や「めざす姿」が共有されていてこそデータは力を発揮し、チームは強くなると、早稲田大学ビジネススクールの入山章栄准教授とSAPジャパンのスポーツイノベーション推進担当、佐宗龍氏は語ります。 共に大の欧州サッカー好きでもある2人の対談から、企業が人事データを活用し、変化の激しい時代に勝ち抜くための手がかりを探ります。[sponsored by SAP ジャパン]

コメントを読む
メインビジュアル

佐宗龍氏

外資系ITベンダーでのDWHプロジェクトマネージャー等を経て、2010年にSAPに入社。入社後はHANAビジネスの立ち上げから、事業開発、営業、プリセールスと幅広く活動。2014年からSAPジャパンでのスポーツビジネスの立ち上げを担当し、サッカーやバレーボールチームの強化やマーケティング活動の支援も。

入山章栄准教授

早稲田大学ビジネススクール准教授。三菱総合研究所で主に自動車メーカー・国内外政府機関への調査・コンサルティング業務に従事した後、2008年に米ピッツバーグ大学経営大学院よりPh.D.を取得。Strategic Management Journalなど国際的な主要経営学術誌に論文を発表している。著書に『世界の経営学者はいま何を考えているのか』(英治出版)、『ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学』(日経BP)


アナリティクスが、サッカードイツ代表を強くした 「ボールの保持時間」をKPIにブラジル代表に圧勝

佐宗さん(以下、佐宗): 2019年に日本で開催されるラグビーW杯や2020年の東京オリンピックを控えて、スポーツ分野でのデータ活用に注目が集まっています。

2014年のサッカーW杯ブラジル大会でドイツ代表が優勝。それ以前からSAPではスポーツ分野のデータ分析に力を入れていたのですが、 ドイツ代表をSAPが支援していたことで、一気に注目を集めました。

入山さん(以下、入山): 確かに2014年W杯でのドイツ代表はブラジル代表を7ー0で粉砕するくらいめちゃくちゃ強かった(笑)。

僕もサッカーが好きで色々と見に行きます。でも、2002年の日韓W杯のドイツ代表はつまらなかったなぁ……。わざわざ韓国まで行ってドイツ対アメリカ戦を観戦しましたけど、蹴って走って、あとはオリバー・カーンが止めてるだけ(笑)。

佐宗: 私も札幌ドームでドイツ対サウジアラビアを見ましたけど、本当に酷かったですね(笑)。その後の2006年からSAPとドイツ代表との取り組みが始まったんです。

もともと、運営資金やチケット販売システムなどドイツサッカー連盟の基幹業務には携わっていましたが、現在もドイツ代表監督であるヨアヒム・レーヴさんから「サッカーチームの強化のためにデータを活用できないか」と依頼をいただきました。当初、 レーヴさんから「ボールを早く動かすサッカーをしたい から、選手1人あたりのボールの保持時間を見てほしい」というオーダーが来たんです。

初めてデータを取ったときの保持時間は、約2.8〜3秒ほど。この時間をさらに短くして「高速パスサッカーをしたい」とおっしゃっていました。その後、 チームはダイレクトかワンタッチでパスを出すトレーニングを重ね、ブラジルW杯では保持時間は1秒を切る までになりました。

入山: サッカー雑誌でも昔から「誰が何秒ボールを保持していた」なんて特集が組まれてきましたが……。でも、ここまで本気でデータ収集と活用に取り組んだのは初めてのケースなんじゃないですか?

「ゲルマン魂」の根性論から、選手のパーソナリティもデータ化するアプローチへ

この記事についてコメント

注目の人物

最近記事コメントに支持を集めている人物

関連記事

戦略人事・経営に関連するおすすめコンテンツ

注目の人物

最近記事コメントに支持を集めている人物

目次